機内モードでプライバシーを保護できますか

機内モードは、デバイスのインターネットやその他のネットワークへの接続機能を無効にすることで、プライバシーを保護するのに役立ちます。 これにより、デバイスがインターネット経由でデータを送受信したり、近くのデバイスに接続したりできなくなります。これは、オンライン プライバシーが心配な場合に役立ちます。 ただし、機内モードだけではプライバシーが保証されないことに注意してください。他のユーザーがアクセスできる情報がデバイスに保存されている可能性があるためです。 プライバシーを真に保護するには、データの暗号化、仮想プライベート ネットワーク (VPN) の使用、オンラインで共有する情報に注意するなど、他の手段の使用も検討する必要があります。

機内モードで救われると思っているなら、これは大きな間違いかもしれません。 電話機を機内モードに設定すると、電話機の送信は防止されますが、受信は防止されません。 ロケーション履歴は引き続き携帯電話に記録され、後で再接続したときに送信されます。 携帯電話用の zermopify サーマル カバーは、携帯電話が位置情報を記録するために使用する受信 GPS 信号とセル信号をブロックすることで、これを防ぎます。 何も記録されていないため、後で共有または送信するものは何もありません。 信号ブロッカーを使用して、携帯電話の信号/EMP、https://staging2 をブロックします .wholesalephonecases.cn/product/emf-blocker-for-cell-phone/

 

 

以下に、プライバシーを保護するために講じることができる追加の対策をいくつか示します。
<オール>

  • 安全なウェブ ブラウザを使用する: サードパーティの Cookie や追跡スクリプトをブロックするなど、プライバシー機能が組み込まれたウェブ ブラウザを選択してください。
  • VPN を使用する: バーチャル プライベート ネットワーク (VPN) は、インターネット接続を暗号化し、別の場所にあるサーバーを経由してルーティングするため、オンライン アクティビティを追跡することがより困難になります。
  • 2 要素認証を有効にする: 2 要素認証では、パスワードに加えて、携帯電話に送信されたコードまたは認証アプリによって生成されたコードを入力する必要があるため、アカウントのセキュリティがさらに強化されます。
  • クリックするものに注意してください: メールやオンライン メッセージ内のリンクには注意してください。プライバシーを侵害する悪意のある Web サイトにつながる可能性があります。
  • 強力で一意のパスワードを使用する: アカウントごとに強力で一意のパスワードを使用し、パスワード マネージャーを使用してそれらを追跡できるようにすることを検討してください。
  • ソフトウェアを最新の状態に保つ: 多くの場合、新しいアップデートにはセキュリティ修正が含まれているため、オペレーティング システムやその他のソフトウェアを最新の状態に保つようにしてください。
  • オンラインで共有する情報に注意する: オンラインで共有する個人情報には注意してください。アクティビティの追跡や個人情報の盗難に使用される可能性があるためです。
  • How useful was this post?

    Click on a star to rate it!

    Average rating 0 / 5. Vote count: 0

    No votes so far! Be the first to rate this post.

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    − 7 = 2

    Product Enquiry